確かに激動の時を過ごしている今。

世界の人びとが同じ祈りの思いで生きているそんな実感がする今この時。

想像もしなかった、あるいは映画ではあったこんな世界が…という現実に

しばし創作の世界から遠ざかってしまった。

10月の予定が6月に早まった大丸神戸店に向けてやっと制作に向かい始めた。

その頃の世の中はどうなっているのかはわからない。

神戸でお会いする人々の笑顔が思い浮かびエネルギーが湧いて来る。

待っていてくださるというイメージが制作へのエネルギーとなる。

ざわざわとした芽吹きの季節の中で気を鎮めて静かに暮らし制作して生きて行く。